Y.Koga

高砂店 店長

Y.Koga

「手に職をつけたい」想い一つで入社しました

高校卒業後、工場で働いていた自分が「手に職をつけたい」という一心で飛び込んだ飲食業界。てる房に入って、色んな調理を覚え、あらゆる魚を捌けるように。人見知りだった自分が今、店長まで任せてもらえるように成長できました。

きっかけは料理マンガ

3年近く工場で働き、自分には工場仕事は向いてないことが分かった。次は何をやろうかと考えた時、すぐに「料理をやろう、スキルをつけよう」と思えました。実は高校生の時から料理番組やマンガが好きでよく見ていて、自分の技術を高めるという世界に憧れを持っていました。退職を機に、自分も挑戦してみようと飲食業の世界に飛び込みました。

将来の夢

技術を身に付けたいと飛び込んだ飲食業。まだまだ勉強の身ですが、手間のかかる料理をこなせたり、お客様から美味しいという声をいただいた時は自分の成長を実感します。今は調理だけではなく、店長業務もしっかりこなさないといけない。会社を大きくできるようにしっかり売上をつくり、どんどん店舗展開していきたいです。将来は、奥さんと子供2人と幸せに暮らしていけたら良いな、とささやかに思っています。